稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

comcept公式チャンネル

我がcomceptのYOUTUBE公式チャンネルが出来た。

稲船の今やっている活動や活躍(?)を動画で分かりやすく伝えたいと思って始めた。

comceptって会社がどんなゲームを作って、どんなコンテンツに関わり、どんなチャレンジをしているのか?

稲船塾っていったいどんなことを教えているのか?

これからもっともっと沢山の面白いことをしていくのに、広くみんなに知ってもらった方が良いと思って「動画」ってカタチでやってみているよ。

実は毎月のように学校での講演があったりするんで、もっともっと多くの人に伝えたいことも多い。

もちろんまだまだ新しいゲームや、ゲーム以外のコンテンツの発表もあり、その度にプロモーションビデオなんかが出来上がってくるんで、いろいろ見せたいものがいっぱいある。

小さな会社で社員も少ないから、やれることが限られるけど、精一杯スタッフが頑張ってくれているから、それなりにカタチになってきている気がする。

少しでも興味を持ってもらえるように、少しでも稲船のありのままの姿を見てもらおうと思うよ。

実は、初対面の人に会うと、持っていたイメージと違うって言われることが多いよ。
いったいどんなイメージで俺を見ていたんだと思う。 大抵はもっと恐いのかと思っていたなんて言われるよ。
まあ、恐い部分ももちろんあるけど、いきなり初対面の人を怒ったりはしないよ。

で、話していくとよく理解してくれる人も多い。
話すの大切だと思う。

で、全国のみんなに簡単に会えるって訳ではないんで「動画」というカタチでみんなに見てもらうのが対面に近い感じで良いと思うんだよね。

まあ、これで稲船ファンが激増なんて思ってないけど、稲船のやっていることを理解してもらうことは決して悪いこてでないんで、是非時間がある人は覗いて欲しいよ。

ブログにもバナーでリンクしたから是非是非、公式チャンネルをクリックしてみてね。

よろしく。
[PR]
by INAFKING | 2012-07-17 23:40

ジャパンエキスポって凄いわ。

パリで開催された「ジャパンエキスポ」に行ってきた。

今回、運営側からの招待ということで、日本のゲームを代表するカタチとなったので気合いを入れて臨んだよ。

ここ数年は日本でもニュースなどにも取り上げられ、フランスでの日本人気を伝えていたが、実際はどれほどのものか興味津々だった。

実際来てみると完全に思った以上の盛り上がりにビックリ。

木、金、土、日と4日間に20万人以上の入場者が訪れ、数多くのコスプレイヤーで賑わっていた。

会場には日本的な模様や漢字の入ったTシャツや、フランス語に翻訳されたマンガがいっぱいあったり、もちろんフィギアなんかもあって、とにかくいっぱい日本らしいものが売っていた。

中でも驚いたのは、レプリカの「日本刀」がいたる所で売っていたことだ。
なかなか日本では見ない光景にビックリしたよ。
しかも凄く売れていて、なんかみんな背中や腰に日本刀を刺して歩いていたのが印象的だった。

オタク文化を馬鹿にしたようなイベントととる人もいるかも知れないが、フランスでは本当に真面目にオタクを取り扱っている。
アニメやマンガ、ゲームに音楽といろんなサブカルチャーも取り上げていて日本以上に日本らしい部分がいっぱいで楽しかったよ。

いろんな時間帯で沢山のステージイベントが行われ、いろんな人のサイン会もあって、行列するフランス人がいっぱいいたよ。

俺自身も60分60人という限定の整理券を発行したサイン会を4日間で7回とトークイベント2回行ったけど、毎回熱烈なファンが訪れてくれて嬉しかった。

ファンは俺の今までの仕事に感謝の言葉を言ってくれて、心から喜んでくれていたと思うよ。
フランスにもこんなに稲船の仕事を称えてくれる人がいっぱいいることにビックリだし、本当にありがたく思う。

今回のイベントで日本の文化の偉大さを感じ、日本人として凄く誇らしく思えて、今まで以上に頑張りたいって気合いが入ったよ。
日本はもっともっと世界中で愛される文化を発展させ、もっと強い国にしていくために真剣に考えなきゃいけないんだね。

日本が駄目でジャパンエキスポが無くならないように、もっと大きくて強い日本にしていくよ。
ゲームがなかなか厳しい現在だけど、世界を見据えて、世界の人たちの力を借りていけば、きっと突破口は見えてくるはず。 過去の日本の文化ばかり注目されるのではなく、未来の日本ももっともっと注目されるように頑張っていきたいと思う。

ジャパンエキスポは本当にいい刺激を与えてくれたよ。

有難う、メルシーボクー フランス。
[PR]
by INAFKING | 2012-07-09 06:51