投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!


稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

おすすめキーワード(PR)

記事ランキング

どんな判断や!
あの頃のゲーム作り再び。
100万ダウンロード..
再起動という声援
プロデューサーの自覚を。
買い物までデジタル化
おかんの思いやり
出逢いに感謝
発売日というクリエイ..
10 ゲームの未来は小さな..

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite

<  2012年 04月   >この月の画像一覧

  • 息子の夢
    [ 2012-04-16 12:37 ]
  • Dr.モモの島 スタート
    [ 2012-04-01 19:23 ]

息子の夢

息子が面白い。

昔から息子が面白くて、いつも注目しているのだが、最近は特に面白い。

自分の好きなことしか全く興味がなく、何にも出来ない。

「オタク」ってことなんだろうなとは思うんだが、興味のあることとなると目の色が変わる。

彼の今の興味は「映画」

中学校の時から友達を集めては「映画」というか「ビデオ」を撮っていた。

そのビデオを編集しては「YOUTUBE」にアップして楽しんでいた。

高校生になり、一時期の熱は冷めていたみたいで、音楽活動「バンド」に夢中になっていた。

しかし、最近急に「映画を撮るわ!」と言い出した。

よく聞くと、息子たちが中学校の時の映画をYOUTUBEで観た「10歳の子供さん」から連絡がきて、お兄ちゃん達と一緒に映画に参加したいと言ってきたらしい。

その子供のお父さんが、うちの息子に大阪に行くから是非子供の夢を叶えて欲しいと言ってきた。

奮起したうちの息子は早速シナリオに取り掛かり、友達に声をかけ、俺から衣装と撮影場所(自宅)を借りて、準備を始めた。

お父さんと子供は、春休みを利用しての来阪(東京から)なんで撮影日が決まってしまっているため準備がかなり慌ただしかった。

シナリオのチェックを頼まれたから出来上がったシナリオを読んで意見を言った。
まあ、自由にさせたいから彼の思いを優先し、つじつま合わせ以外は極力意見は言わなかったが。

高校生がやることなんで、わざわざ来阪してくれたお父さんに迷惑がかからなければ良いと思っていたけど、撮影当日は友達合わせて9人集まって、なんとかシナリオ通りに映画が撮れたみたいだ。

その後、編集作業を行って、音楽を付け、YOUTUBEに無事アップ出来た。

出来た「映画」を観て、親バカとは分かっているが目頭が熱くなった。

「映画」自体のの出来がどうのこうの言うつもりはない。

彼がやったことは、友達と映画を撮った以上に意味のあることだと思う。

「誰かのために」何かをやるって。 俺は何歳で出来ただろう?

よく覚えてないが、きっと30超えてからかな? 下手すると最近かも。

息子はまだ16歳。 誰かの夢を叶えるために「探偵ナイトスクープばり」に頑張って、子供の夢を叶えてあげた。

本人は自分がやりたかったからただの切っ掛けと言うけど、そんな簡単なことではない。

好きなこと以外何もできない息子を知ってるから、好きなことには徹底的に打ち込む姿が逆にカッコ良い。

なんでもかんでも出来る必要なんてないんだよな。

自分がやりたいことが、誰かの役にたったり、誰かに夢を与えられることだとそれほど素晴らしいことはないよな。

息子は、学校の進路指導の先生に将来を語ったようだ。

「大学で映像を学んで、将来はゲームクリエイターになるんだ」と。

16歳でハッキリした目標を持っている息子は侮れないな。 最大のライバルになるかもな。

親父の背中をちゃんと見てくれてることは嬉しくて仕方ないね。

まあ、まだ子供なんていろんなこと考えながら将来を模索すればいいよね。 期待せずに見守っていくよ。
■  [PR]
by INAFKING | 2012-04-16 12:37

Dr.モモの島 スタート

「Dr.モモの島」

ソーシャルゲーム第一弾で稲船が世に送り出したタイトル。

まあ、思ったより時間がかかったし、苦労がいっぱいだった。

我がスタッフの懸命の努力と、パブリッシャーであるインデックス、サービスをしてくれるGREE、各社スタッフの多大な尽力のお蔭で、iphone版も含めて完全にリリースが完了しました。

スピード勝負だなんて豪語しておきながら結構な時間をくってしまってまことにお恥ずかしいばかりです。

しかしながら、今回の経験は本当に貴重なもので、この産みの苦しみがクリエイティブには最も重要だといつも思っている。

まあ、時間がかかった分、内容には自信があるんで是非一度遊んでみて欲しい。

ゲームという凝り固まった観念を一度なくして遊んでもらえると嬉しいな。

楽しさって、同じ方向から生まれてくるものではなく、全く違った角度から生まれるものもあると思うんだ。

今回の「Dr.モモの島」がそんな違った方向からユーザーに訴えかけられていれば良いなと思っているよ。
まだまだ試行錯誤ではあるが、最初の一矢としてはいい感じゃないかな。

まあ、二矢、三矢と間髪入れずにどんどん新しいソーシャルをサービスしていこうと思っているからね。

今後の稲船ソーシャルにも期待してくれたら嬉しいな。


■  [PR]
by INAFKING | 2012-04-01 19:23