稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

おすすめキーワード(PR)

記事ランキング

あの頃のゲーム作り再び。
ゲームの未来は小さな..
再起動という声援
100万ダウンロード..
祝 ソルサク爆誕!
出逢いに感謝
北風と太陽
どんな判断や!
100%の自分自身
10 プロデューサーの自覚を。

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite

<  2012年 01月   >この月の画像一覧

  • 集中力を楽しめ!
    [ 2012-01-26 08:54 ]
  • やっちまった。
    [ 2012-01-11 10:44 ]

集中力を楽しめ!

足の具合もかなり良くなり、普通に歩けるようになったよ。
ご心配をおかけしました。 もう大丈夫です。

まあ、テニスの再開まではまだ1カ月くらいかかるけどね。
慌てず完治を待つよ。

ここ数週間、足は不自由だったけど、頭は絶好調だ。

クリエイターってやつは「気まぐれ」なとこがあって、調子の良い時はバンバンとアイデアが湧き出てくる。
反面、不調に陥るといくら考えてもなーんにも出てこない。

まあ、この調子の波を失くすことが良い仕事に繋がるからここを鍛える訓練は必要だ。

結局は「集中力」の問題だと思っている。

「集中力」があるってのは「精神状態」が安定しているとか、「気力」が充実しているとか、「モチベーション」が高いとか、いろんな要因が重なってのことだと思う。

最近の俺は瞬発的な「集中力」が凄いと自分でも思う。

アイデアが思いつくと自分でも信じられないスピードで人に伝えるための「コンセプトシート」を仕上げている。
時間が無いはずなのに「シート」が出来ているからスタッフも驚いてくれる。

まあ、俺の家には「小人」がいて寝ている間に靴の代わりに「コンセプトシート」を作ってくれているのかもしれないね。

昔から「集中力」には自信があるんだけど、ここ一年で成長したことの一番大きいのがこの「集中力」かもしれない。
「集中力」ってものは短時間でいいんだよね。 耐久力とか持続力はいらない。
思いついた時に、直ぐに誰よりも早く頭と手を動かすこと。
その「瞬発力」に必要なエネルギーさえあればいい。 少しの集中力が大きな「力」を生む。

本当に最近の俺は「いけてる」

またこんな「自惚れた俺」を表現すると格好の餌食になるだろうが、まあいけてるものは「いけてる」

「精神力」って力がどんどん付いてきているんだと思うよ。
いろんな不安や、いろんな雑音は消えた訳ではない。 変わったのは自分自身の「精神の置き方」

人生を楽しむことが出来ている。
たった一度の貴重な人生、勝とうが負けようが、思いっきり生きるだけ。

ここまで積み上げた経験と実績を「活かす」ことでもっともっと人生を楽しむことが出来る。

これからも自分自身を信じ、優秀な仲間を信じて、人生を楽しんじゃうよ。


■  [PR]
by INAFKING | 2012-01-26 08:54

やっちまった。

1か月前、20年ぶりにテニスを始めて、週末に結構楽しくプレイをしていた。

テニスラケットやシューズ、練習用のウェアなどを買い揃えて「新たな楽しみ」を見つけて生活が充実していた。

しかし!

先日、正月明けでやっとテニスコートが使えるようになり、俺もいつものサークルに参加した。

年末から約2週間開いていて久々のコートには人が溢れていた。

試合前にウォームアップにとおじさんとストロークを始めた俺。 まあ調子よく体を温めていた。

15分くらい打ち合ってそろそろ止めようかなって思ったとき、コートを大きくそれた球を少し無理してギリギリでクロスに引っ張った。

プロなんかがカッコよく決める擦り上げてクロスに落とすフォアハンド。

俺の中ではそんなイメージだった。

悲劇はこの時に訪れた。

踏ん張った右足ふくらはぎに激痛が走った。

「やっちまった」 以前、同じ痛みを経験していた。

肉離れ。 最悪だ。

以後は足が全く動かせない。 コートから出た俺はベンチに腰掛けて様子をみた。
数十分経っても回復の兆しなし。 やっぱり肉離れに間違いない。

肉離れは筋肉の損傷なんで、こむら返りなどとは全く違う。 断裂している訳で完治するには時間をかけて再生を待つしかない。

翌日、病院に行って処置をしてもらったが1カ月はかかると言われた。
もちろんまたテニス始めるにはもう少しかかりそう。

歳を考えずに鈍った肉体を急に動かしたのが原因だろうけど、本当に情けない。

良く考えたら、昨年の今頃は足の指を骨折して、今と同じように歩くのにも不自由していた。
毎年正月から足を負傷するのが恒例になりそうで怖いな。

まあ、これも教訓だね。
なんでも無理はだめだ。 遊びも仕事も無理し過ぎちゃ何処かに負担がかかって結局上手くいかない。
無理している意識がないのも駄目かもね。 もっと冷静に自分自身を見つめないとね。

足が治ったら、ゆっくりとテニスを楽しむようにするよ。

サークルには60歳くらいの人もいて、結構おじいちゃんプレイヤーも多い。
上手く自分の体と折り合いをつけて頑張っている人をみると「凄い」と思うよ。
若いプレイヤーには負けないって気力も凄くて見てて気持ちいいよ。

はやく復帰出来るように養生して、それでいて焦らずにやるよ。

まあ、また暫くは仕事に打ち込むか。
■  [PR]
by INAFKING | 2012-01-11 10:44