稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

おすすめキーワード(PR)

記事ランキング

あの頃のゲーム作り再び。
ゲームの未来は小さな..
再起動という声援
100万ダウンロード..
出逢いに感謝
祝 ソルサク爆誕!
プロデューサーの自覚を。
北風と太陽
100%の自分自身
10 どんな判断や!

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite

<  2011年 12月   >この月の画像一覧

  • アルバイトの経験
    [ 2011-12-27 22:24 ]
  • 20年振りのプレイ
    [ 2011-12-21 23:49 ]

アルバイトの経験

高校生の息子が「アルバイト」したいと言いだした。

もうそんな歳になったのか。 そう思うとなんだか昔の自分を思い出した。

「アルバイト」 俺もいろんなアルバイトをやってきた。

初めてのアルバイトは小学校の5年生。
新聞配達のアルバイトをやった。 さすがに朝刊は無理なんで夕刊のみだったけど毎日やってた。

今は小学生が働いていいのかわからないが、俺の時代にはOKだった。

2年近く働いたと思う。 雨の日も風の日も学校から帰ったら新聞屋に行って新聞を受け取り、数十件の家に届けた。 玄関先までの庭にいる番犬に怯えながら頑張って配ったもんだ。 一度秋田犬に脚を軽く噛まれて大急ぎで家に帰ったこともあった。
そのアルバイトで稼いだお金でラジカセ(当時は高価だった)を買ったことを記憶している。

高校生になって引越しのアルバイトをした。
本来は引越しセンターは大学生以上でないと採用しないのだが、親父が運輸関連の会社で働いていたこともあり、その運送屋の引越しセンターにコネで雇ってもらった。
お風呂が3つもある大豪邸の引越しから、エレベーターのない団地の5階の引越しまで、いろんな家の引越しをやらせてもらった。 何が重くて嫌かって冷蔵庫や洗濯機より「布団」だった。 あれは思った以上に重くて持ちにくいのに独りで運ばされる。 今は羽毛布団が主流だから軽いと思うが、当時は真綿の布団が多かったからね。

高校卒業後専門学校に入るまでは主にアルバイトをしていた。 当時はそんな言葉なかったけど、今で言うフリーターだね。
いろんなバイトをしたよ。

その頃、大ヒットした一眼レフカメラ「ミノルタα7000」のレンズ工場の生産ラインで働いたこともあった。
ベルトコンベアの横に座って、流れてくる製品に部品を組み込んだ。
パートのおばちゃんと中卒で働いてる若い女の子たちに囲まれて仕事してた。
学生とは違うコミュニティがあって楽しかった。

警備員のバイトもした。 新装開店のパチンコ屋の駐車場整理や、場外馬券場の人の誘導、大阪府立体育館で行われるプロレスやボクシングの場内整理。 毎回違った現場で本当に面白かった。

デイリークィーンというハンバーガー屋でアルバイトしたこともあった。
ハンバーガーやソフトクリームを作る仕事や接客も経験した。 忙しい時にどう客をさばくかを経験出来たことは本当に良かったと思う。

しかし、結構いろんなバイトをしてきたんだなって思うよ。

お金を稼ぐのって大変だけど、いろんなことをやって楽しいって思えたらそれほど難しいことではない。
アルバイトの経験は人生には大きな「財産」になることが多いと思うんだな。

俺が経験出来た「バイト」も「出会い」も本当に大きな「力」になっていると思う。

息子もいろんな「バイト」でいろんな「経験」を積んでもらいたと思うよ。

楽な仕事はない! ただ楽しい仕事は多いよ。

頑張れよ息子!


■  [PR]
by inafking | 2011-12-27 22:24

20年振りのプレイ

約20年振りにテニスをまた始めた。 いや正確には30年振りかな?

高校の時、ジョンマッケンローに憧れて硬式テニス部に入った。 
卒業後は全くやらなくなり、カプコン入社10年目くらいの時に、アンドレアガシに触発され、会社の仲間と少しだけテニスをしていた時期があった。

それから20年、老いた体に鞭打って「運動」をしようと「テニス」を始めた。

今回は憧れのプレイヤーが出てきた訳ではないのだが、単に運動不足を実感して始めることにした。
手軽に運動出来ると思って、近所の公園にあるテニスコートで「壁打ち」をしていたら、コートでプレイをしている人に声をかけられた。

「良かったら、ちょっとやって行きませんか?」

俺と同年代くらいの人たちがダブルスの試合形式でテニスを楽しんでいた。

遠慮せずに参加させてもらったら、その人たちの中に高校時代のテニス部の先輩がいて

「稲船くんやね?」 って言われた。

驚いたし、それ以上に懐かしくて嬉しかった。

先輩たちと試合をさせてもらって楽しく時間を過ごさせてもらったよ。

テニスの腕前は?ってのは置いておいて、「運動」は楽しくなきゃ続かないからね。

まあ、20年振りって考えると意外と動けたかな?って思う。

それ以来、有難いことにそのグループから練習に誘ってもらえるようになった。
もちろん出来る限り参加させてもらって一緒に楽しみたいと思う。

仕事が忙しくても、少しくらい時間を割いて「楽しみ」があった方が人生を有意義に過ごせるよね。

今まではそんな余裕もなくガムシャラに生きてきてたんだなってつくづく思う。

独立を機に「精神面の余裕」ってものを実感できるようになったよ。

やりたいことを一生懸命にやる! 高校時代の自分自身のように活力のある自分が戻ってきたのかもしれない。
あの時、一生懸命になっていた「テニス」をまた始めることでもっともっと強い自分になろうとしているのかもね。

飽きずにしばらくは続けてみよう。 と思う。
■  [PR]
by INAFKING | 2011-12-21 23:49