稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

喰らえ! おっさん☆たまご

ゲーム作りは本当に楽しい。

もともと俺は、ゲームのジャンルやハード、規模なんかに拘りがないから、とにかくいろんなクリエイティブにチャレンジしたいという気持ちでここまで来た。

カプコンから独立後も、いろんなハード、いろんなジャンル、いろんなターゲットに向けてきたし、コンシューマゲームにも拘らず、ソーシャルゲーム、モバイルカジュアルゲームと、やりたいことやってきた。

「ゲーム」って、俺の中では「クリエイティブ」の一部でしかないから、コンテンツを作りだす面白い手段でしかないんだよね。

「ソウルサクリファイス」っていう最高の仕事をコンシューマで出来たし、海外での発売も始まった。

そんな中、今一番俺が注目し、手ごたえを感じているのが、アイフォン用アプリ 「おっさん☆たまご」 だ。

先月、こっそりリリースした、我が comcept と DiNG で共同開発した初のパブリッシングタイトルだ。

今まで制作してきた全てのゲームは、パブリッシャーから制作費を頂いてのものだが、これは自社のリスクで制作し、本当に何のしがらみのなく、好き勝手作ったものだ。

もちろん小規模なタイトルだし、3か月程度で作ったものだから、簡単なゲームだけど結構面白いよ。

「おっさん☆たまご」

なんと、5月3日現在、すべての無料ゲームランキング10位、ファミリーカテゴリーでは1位。「パズドラ」「なめこ」よりもランキング上位につけてるよ。

リリース後たった2週間なんで自慢できないかもしれないけど、まあ良い滑り出しだ。

評価も高くて嬉しいよ。

独立後、拘ったことは、ソーシャルゲームを並行して作り続けるってこと。
いろいろ試行錯誤してきたけど、やるべきこと、やってはいけないことが少しづつ見えてきた気がする。

本当に難しいと思うけど、逃げずにやっていきたいと思っているよ。

今、コンシューマタイトルを作ることと、ソーシャルゲームを作ることは、全くの別物だけど両方とも若い力を使うことがカギになるってことは共通していると思うんだよな。

「ソルサク」も「おったま」も若いディレクターが本当に頑張った。

ゲーム業界では俺もベテラン過ぎて頭も硬くなってるからね。
若い人間の柔らかい頭を理解し、いろんなアイデアを上手く活用しつつ制作していかないと、ズレたものになっちゃうからね。
コンセプターとしてのアドバイスをしっかりしていきながら、どんどん若い力でゲーム作っていくよ。

「おっさん☆たまご」が良いきっかけになって、どんどん面白いアイデアの「ゲーム」が作れるようになれば良いと思う。
そのために、今まで以上に頑張っていくよ。
[PR]
by INAFKING | 2013-05-03 17:02