稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ソルサク いよいよ

発売日がいよいよ近づいてきて、今週木曜日。
本当に楽しみでワクワクが止まらないや。

手応えってやつをビンビン感じちゃうね。

まあ、蓋を開けてみなきゃ分からないのは確かだけど、蓋からあふれ出てきそうな勢いは感じるよ。

最近、よりユーザーの反応が知りたくてネットを頻繁に見ちゃうけど、某有名なゲームブログなんかでもガンガン記事が上がってるから何だか嬉しいね。

ユーザーの素直な意見や感想がかなり読み取れるし、熱が伝わってくるもんね。
まあ、どうでも良いようなコメントも多いけど、そんなコメントからも注目度は伝わるしね。

「稲船さん」ってさん付けで敬意を込めてくれているコメントも多くなってきたし、読んでてもストレスにならないのも嬉しいかな。

発売間近になって、いろんな情報がどんどんオープンになってきて、ボリュームでも満足してもらえることも見えてきたんじゃないかな?

魔物の数だけじゃなく、質にも注目してもらいたいもんだ。
タイプが一緒に見えても攻撃方法や動きが全く違ったりするからね。

ホントよくここまで作ってくれたって身内を褒めちぎりたくなるよ。

俺が駄目出ししたくてもなかなか出来なくて、駄目だって言いきった企画やキャラデザ無かったんじゃないかな?

一番駄目出ししたのは、牢屋の檻の幅広くって主人公が逃げれるじゃんって、まあどうでも良いことだけだったかも^^

しかし、よくここまで来れたよ。
昨年4月の発表から、ユーザーの厳しい意見をいっぱい浴びながら、それを前向きなエネルギーに変換しながらここまで来た。
馬鹿にされればされるほど、やる気が出るというか、逆転してやるってモチベーションが本当に心地いい。

今はまだ結果を出した訳ではないから、逆転できたかはこれからだけど、まだまだ俺のクリエイター人生は続くから、急がず慌てず、気長に逆転を目指すよ。

このソルサクがまず逆転の第一段になれると嬉しいけどね。

ソルサクが投じる一石が日本のゲーム業界に光をもたらせばって思う。
それくらいこの作品には意味があると俺は思うよ。

日本人だから出来る日本人が大好きなゲームで世界にチャレンジをする。
しかもまだ普及していない、これからのハードでね。

チャレンジのテンコ盛りだよ。 

もし今、チャレンジを諦めかけてるゲームクリエイターがいたら、今回の俺のチャレンジを参考にしてもらいたいな。 諦めるんじゃなく、覚悟を決めるんだ。

楽をするのではなく、何かを犠牲にして大きな力を得て欲しい。 ソルサクの魂を悩めるゲームクリエイターたちにも捧げるよ。 このゲームにハマりながら自分の人生を考えてみても良いかもよ。

さあ、チャレンジと覚悟を忘れるな!
[PR]
by INAFKING | 2013-03-05 01:51