稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

「稲船塾」第二期始まる

今日から新たに「稲船塾」が始まった。

今回で第二期ってこと。
前回第一期は大阪のオフィスで生徒はたった4人。
今回は東京オフィスでということもあり、どんと増えて16人で始まった。

応募者が多数いたため、厳選な審査の結果7人が選ばれ、残り9人は3つのゲーム関連の学校から選んだ。

「稲船塾」を再開するにあたり、今回も拘った部分が「本物の現場を知る」ということ。

独立して会社を立ち上げてからずっと、専門学校や大学で「講演」を進んで行っている。
若者の夢を支援したい気持ちと、ゲーム業界の未来を担う人材育成に少しでも役に立てればと思い、俺も制作に忙しいけど無理をしてやってきた。
もちろん今も積極的に続けているよ。

学校で講演しててずっと感じていたことは、生徒にゲーム業界の生の声を届けてあげるだけで目を輝かせて聞いてくれている。 だったら、ゲーム制作の生の雰囲気を味あわせてあげればもっと喜ぶだろうし、もっとやる気が出るに違いないと。

今年、オフィスを拡張して受け入れられる人数が増えたのを機に「学校の生徒」にも経験させたいと思って、各学校に交渉させてもらった。
今回参加の3校は、本当に気持ち良く了承していただいて、優秀な生徒さん3人づつ推薦してくださった。

自由枠の塾生の方も大学生だったり、社会人だったり、ゲームに関わっていたり、全く関わっていなかったりと本当に様々な人が集まってくれた。

ただ一つ言えるのは、みんなゲームが大好きで、みんな何らか将来ゲーム業界で働き、ゲーム業界で活躍したいと願っている人たちばかりだ。

稲船から何かを学んで、何かを得たい。
自分自身を変えてみたい。 そのきっかけを稲船から得たいと。

当然、稲船をネットや雑誌でしか知らない人たちだ。
良い印象で塾生になった人ばかりではないはず。 ドキドキしながら今日の第一日目に臨んだに違いない。

みんなどんな感想をもって帰ってくれたのか、やはり興味があるよ。
来週、そのあたり塾生に聞いてみたいと思う。

「稲船塾」の模様は今後、comceptのホームページ上で公開していくので興味ある人は気にして見てほしい。
塾生のブログが面白かったりするんで是非。

では、「稲船塾 第二期」 頑張って塾生に実りのあるものにしていきたいと思う。

本当に塾長、頑張るよ。
[PR]
by INAFKING | 2012-06-14 22:31