稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

まだまだ働くよ。

来週からロスで E3 が始まる。

昨年は久々にE3視察を見送り日本で黙々と企画準備をしていたが、今年はお陰さまでタイトルの発表もしたんでE3でプレス対応等あって例年通りのE3参加となるよ。 ああ楽しみだ。


ところで先日、ある出版社のパーティーに参加した時、いろんな人から

「稲船さんはどれだけ仕事しているんですか? コンシューマだけでも3本も発表してますよね? 他に複数ソーシャルもやってるんでしょ?」

みたいなことを言われたよ。

いやあ、どれだけって。 とにかくいっぱいやってる。

「出来ますか?そんなに。」 と言われるが

いや、俺一人で仕事している訳ではないから。。

仲間がいっぱいいるし、優秀なプロデューサーやディレクターもいるから大丈夫なんですが。

それに会社を経営しているんで、社員の毎月の給料やら、事務所の家賃やら、出張の経費やらいろいろ入用なもんで、いっぱい仕事がないと会社として成り立たないと言う現実的な理由も。

まだ発表出来ていないけど、まだいろんなプロジェクト走ってます。


常識ってあるけど、そんなものに惑わされてはいけないと思うよ。

ゲームクリエイターが作れる本数は一度に一本。 そうかな?
まあ、のめり込めばそうかもしれないし、その方がやり易いとは思う。

俺は昔から違ってた。

ゲームクリエイターとして活躍出来るのは何年あると思う? 20年だとして3年に一本しか作れなければ7本しか一生で作ることは出来ない。

野球で例えたら7打席しかバッターボックスに立てないんだよ。 それで何本ヒットが打てる?

俺は嫌だね。 1年で7本くらいは作らなきゃ。 そうすれば140打席立てる。

その為にやらなきゃいけないことは、仲間を増やすってことだ。 俺の意思を汲んで俺が考える以上のアイデアを出せる仲間を増やすこと。

この一年やって来たことは、俺のコンセプトを活かせるように仲間を刺激し、仲間に伝えて、仲間の実力を引き出すことを心がけた。

稲船がいなきゃ出来ないことだし、稲船に頼らなきゃ出来ないって訳ではないゲーム制作。

任せつつ、常に判断を素早くやっていく。 任せると丸投げるとは全く違う。

信頼なく任せるってことはあり得ないし、信頼しすぎて丸投げたっていけない。

常に「教育」ってつもりでディレクターやプロデューサーたちに指示を出し、彼らの個性を活かして任せている。

胸をはって「稲船のゲーム」と言えるし、俺のプロジェクトに関わっている全てのスタッフも「自分のゲーム」と言えるはずだ。

四半世紀ゲーム制作に携わってきて、コツをつかんだ気がする。
こうすれば「楽しく」「早く」「良質な」ゲームが作れる気がする。

俺の役割は「コンセプター」  スタッフそれぞれにも大切な「役割」がある。 尊重して任せて、そして信頼すること。

会社経営には不可欠な利益の追求。 1タイトルでは博打要素が強すぎ難し過ぎるし、過剰な複数制作では散漫になりがち。

複数タイトルがあっても上手く回していくには、ただのアイデアマンでは駄目だ。
マネージャーであり、部下を育てる教育者でもなければならない。
複数の役割をこなしつつ、誰にも負けないクリエイティブ能力を発揮しないとこの厳しい業界では生き残れない。

まだまだ稲船はユーザーを驚かせるタイトルをいっぱい用意しているよ。
ゲームに限らず、いろんなコンテンツをどんどん生み出していくことが楽しくてしょうがないんだ。

期待せずに(してないかな?)待ってて欲しい。

ね、羽ばたいてるでしょ?
[PR]
by INAFKING | 2012-05-30 00:50