稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ゲームショーだ。

ゲームショーが始まるね。

今までは自分が所属する会社のブースがあったから前日から準備等あって忙しかったけど、今年からはブースもなく、かなり第三者な立場で気楽に参加出来るよ。

もちろん会場には顔だすし、人に会う約束があったり、ステージも用意されてるんで忙しくない訳ではないけど、気持ちはユーザーに近いかもね。

ゲーム業界にとってはお祭りのようなイベント。 この東京ゲームショーのために徹夜続きで出展タイトル準備に努力してる開発者は昔も今も変わらないと思う。
渾身のタイトルをここでユーザーやプレスに評価され、評判になったときの気持ちは何事にも代えがたいって感じがするよ。

最近は、かなりゲームショーの規模も小さくなった気はするが、何十万人も来てくれるイベントはそうざらにある訳じゃないからね。

今のところ俺も大人しくしているけど、そろそろ暴れたいなぁ。なんて思う。
ゲームショーで何かあるのか無いのか、お楽しみは黙っておくよ。

ゲーム業界をもっともっと元気にしたいね。
[PR]
by INAFKING | 2011-09-14 09:44