稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

大人の夏休み

子供の頃、夏休みは本当に楽しかった。
すごく特別感があって、充実した日々を過ごしてたように思う。

大人になっても、その頃の記憶は消えていないから夏になるとすごく嬉しく思う。

夏は暑くってしんどいけど、ジリジリと照りつける太陽とうるさいはずの蝉の鳴き声がとても心地いいと感じる。

さすがに社会人になると「夏休み」ってせいぜい一週間ってとこだけど、子供の頃は一カ月以上も休めて幸せだったな。
人間は本来、リフレッシュのためには最低三週間は休むべきだとヨーロッパの人に言われたことがある。
国によって違うけど、ヨーロッパでは一カ月くらい休むとこもある。

イギリスでは、南仏なんかにサマーバケーションへ行くパターンが多いらしいけど、「太陽を買いに行く」って表現をするみたいだ。
太陽を浴びることで心のリフレッシュになり、心も体も一年の疲れが取れるらしい。

三週間くらいのんびりと太陽にあたっていると、体から悪いものが抜け出るのが分かるって言うよ。本当かな?

さすがに日本ではそんなに休めないし、休むと仕事がストップしてしまいそうでそんなこと出来ないって思ってしまうね。
でも、そんな考えではきっとダメなんだろうな。

子供の頃の夏休みのワクワク感が大人になっても味わえたら、きっともっと人生を楽しく生きられるに違いない。
いつも時間に追われ、仕事に追われ、プレッシャーに支配されているような生き方ではいけないと思う。
せめて一年に一度だけでもゆっくり過ごす「メンテナンス」の時間が必要だと思う。

まあ、今はもっと仕事頑張って、そんな余裕のある生き方が出来るようにしたいと思う。
いや、必ずそうしよう。 自分自身の会社だからそんな夢もみれるよね。

夏休み子供たちと同じだけ休めるようになることを俺の一つの目標にしよう。

いいよね。
[PR]
by INAFKING | 2011-08-04 23:10