稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

出逢いに感謝

人と出逢うたびに考えさせられる。

なにげに出逢ってる人だけど、無意味に無差別に出逢ってる訳ではないと思うんだ。

子供の頃の出逢いって、もしかしたら無意味な出逢いもあったのかもしれない。
たまたま近所に住んでた。たまたま同じクラスだったとか。

しかし、大人になるにつれ出逢いには大きな意味があるように思うんだな。

人と出逢ってもっとも大きな「収穫」ってなんだろう?
俺が感じるのは、自分自身にない「知識」「能力」「考え方」「生き方」を学べることだと思う。

人間にはそれぞれの個性があり、その個性で「生き方」が違ってたりする。
何が良くて、何が悪いなんて「個性」には無くて、とにかく十人十色だ。

大人になって人と出逢う時、自分と違う「色」を見つけた瞬間「お!」と思うことがある。
しかも今までに会ったことのない「色」は特別である。

「出逢い」って世界中にある「色」を何色見つけられるかの「ゲーム」なのかもしれないな。
いろんな色を知ってると自分自身の「個性」に厚みが生まれるような気がするよ。

そしてその出逢いによって自分自身の色が「特別な色」になっていく。 世界に1つしかない「特別な色」を持った人の元に「成功」が訪れるのかもしれない。

不幸にも同じ色しか知らずにいる人や、同じような同系列の色なのにいろんな色を知っているって思っている人もいる。

出逢いはとても大事なものだ。

同じ会社や、同じ業種、同じ土地や、同じ国にずっといたら出逢いのチャンスは限られるよ。
いろんな人に出逢い、いろんな考え方を知り、いろんな生き方を参考にする。
反面教師も必要だし、尊敬出来る人も必要だと思う。

死ぬまでに何人の人に出会えて、何人の個性に出逢えるか。 本当に楽しみだ。

出逢った人は大切にしようよ。 せっかく出逢えたのに全く残らない関係は悲しい。
何年も前に出逢った人から連絡をもらった時、継続って喜びを得られるし、その出逢いによって新たなる出逢いが必ず生まれる。

人生において本当に大事なものの一つが「出逢い」なんだと実感しているよ。

「出逢い」を大切に生きていこうぜ。
[PR]
by INAFKING | 2011-07-08 09:11