稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

行動力

いろんなことを考えていて、良いことを思いつくことがある。

「ああ、こんなことすればきっと面白いな」

でも、思いついたことの100分の1も実行出来ずにいることが殆んどだ。

良いアイデアだけど、時間がない。お金がかかりそう。一緒にやる仲間がいない。

なんだかんだ言い訳をして実行に移せないのが現実なんだよな。

先日、うちの中学3年生(受験生)の息子が、コンサートをした。
そう、友達とバンドを組んで学校の友達を呼んで公民館でコンサートをした。

去年の夏頃、友達とバンドを組むと言いだし、ギターをねだられた。
受験生がなんで今バンド? 最初はダメだと反対したが、まあ勉強だけが大事なものでもないし、とにかくやりたいことをいろいろやらせてみようとギターと練習場所を提供した。

その後、友達と休日になると練習を繰り返して、なんとバンド結成6か月にしてステージに上がった。

高校生の他のバンドメンバー募っての5組で開いたミニコンサートだったけど、その姿を見てて大人である自分自身が少し恥ずかしくなった。

最初、バンド結成の話を聞いた時、出来る訳がないと勝手に決め付けた。
オリジナル曲を作って練習すると言った時、カバーで良いのに早すぎると思った。
コンサート開くと言った時、恥ずかしい、バカなことは止めろと思った。

でも、その全てを息子たちは立派にやり遂げた。
もちろん素人臭く、ぎこちない面もいっぱいだけど、そんなことよりやりたいって思ったことをやり遂げる「行動力」に脱帽した。

大人になると「常識」って壁を勝手に作って、やりたいことも我慢したり諦めたりすることが当たり前になっている。

子供の方が素直にやりたいこと、面白いことにチャレンジする「行動力」があるんだって実感できたよ。

大人はいつも結果ばかり気にして、やる前から失敗や出来なかった時のことばかり考えてしまうものだよ。 結果はあくまで過程のあとのオマケくらいに思えば、もっともっと過程を楽しむことが出来るのにって思う。

本当に子供に教えられることが多い。

高校生たちのバンドの演奏を聴いていて、営利目的ではなく自分たちの可能性を楽しんでいる姿に本当に感動したよ。 
高校生バンドグループに混じって唯一の中学生バンドの息子たちも練習の関係からたった一曲のオリジナル曲の演奏だったけど、緊張しながらも楽しんでいたのは本当に良かった。

俺も息子たちには負けられないって、気を引き締めたよ。

また子供たちから元気と勇気をもらった^^
[PR]
by INAFKING | 2011-01-11 21:05