稲船敬二(いなふね けいじ) 「ロックマン」シリーズ「鬼武者」シリーズ「デッドライジング」シリーズ等数多くのゲームを産み出してきたゲームクリエイター。


by inafking

プロフィールを見る
画像一覧

LINK









最新の記事

あの頃のゲーム作り再び。
at 2014-01-28 16:55
100万ダウンロードという意外
at 2013-12-17 14:45
ゲームの未来は小さな力から
at 2013-10-04 09:47
プロデューサーの自覚を。
at 2013-06-16 11:08
喰らえ! おっさん☆たまご
at 2013-05-03 17:02

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

カテゴリ

全体
未分類

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

親父の叶わなかった夢

うちの息子は15歳。中学校の3年生。
世間一般では「受験生」と呼ばれている。

受験生の子供を持つ親は大変。 これもよく聞く言葉だ。

大変かぁ。そう大変だ。
まあ、息子以上に自分自身も大変なんで、実感的には麻痺しているのかもしれない。

来年になったら、入試試験も直ぐなんでバタバタとはしているよ。

実は、足の指を骨折した翌々日に息子と二人で学校説明会に参加予定だったんだ。
家から学校までの通学時間等も考慮に入れるため電車での移動が絶対だったし、朝早くからの説明会で早起きだったし、とにかく痛い足で参加したよ。

杖を使って歩いたから、普通よりも時間かかったけど、なんとか学校にたどり着いて説明聞いたよ。
今は少子化からか学校もすごく力が入ってたように思う。

昔は女子高、男子校が当たり前だった私立高校もほとんどが共学。男子校なんて探す方が大変なんだね。

で、面白かったのが二校説明会に参加したんだけど、もともと女子高が共学になった高校と、逆にもともと男子校からの共学とその二校に行ったんだよ。

雰囲気というか高校自体まったく違って見えるんだね。

俺は、普通に共学の公立高校だったんで、俺のいた高校とも雰囲気が違う(まあ時代も違い過ぎてる)。

俺、個人的には男子の割合の多い男子校からの共学より、女子の多い女子校からの共学に興味津々だったよ^^
でも、よく考えたら俺が通うんではではなく、息子が通うんだった^^;

息子は父親に似ずにあまり女の子には興味がない(今は)から、女子の多いのは怖いって言ってたけどね。

息子には親父の果たせなかった夢を果たしてほしいと願うから、高校からその夢に向かって突き進んで欲しいんだよね。
親父の果たせなかった夢

「モテモテの人生」 をね。

頑張れ、息子。
[PR]
by INAFKING | 2010-12-18 12:12